【R-1】客の反応に違和感!?松本人志が意味深なツイート、その理由は?

芸能ネタ

こんにちは。モリカナです!

3月10日にピン芸人の日本一を決める「R-1グランプリ2019」が行われ、「霜降り明星」の粗品さんが17代目のR-1王者に輝きました。

このR-1グランプリに関して、客の反応に「違感がある」「悲鳴がうるさい」などのコメントが視聴者からネット上に多数上がっており、芸能界からもダウンタウン松本人志が放送直後に意味深なツイートをあげました。

今回は、

  • 客の反応についてどんな違和感があったのか
  • 松本人志の意味深なツイートの理由

について調べてみました。

 

【R-1】客の反応に違和感?

2019年3月10日フジテレビ放送の「R-1」ついて、「観客の悲鳴がうるさい」「反応がおかしい」との視聴者からの声が多数ネットにあげられました。

どのような違和感があったのか調べてみました。

参加者が感じた違和感

参加者側から、R-1の三回戦で落とされたピン芸人キートンが以下のように指摘しました。

3回戦で敗退し、審査員を批判して物議を呼んだお笑い芸人、キートン(45)は大会後、「やっぱり、賞レースでのテレビ観覧客の過剰な反応は邪魔ですな。おもしろい時に笑うだけでいい。全員おもしろいネタをやったんだからさ」とツイッターで苦言。キートンは以前にも「賞レースでの観覧客の過剰な反応はいらない。イェーイとか、コンとの設定なのに悲鳴をあげたり、下ネタに異常に引いたり、邪魔でしかない」と指摘していた。

引用:サンスポ https://www.sanspo.com/geino/news/20190311/owa19031114220003-n1.html

 

こちらが実際にキートンがあげたツイートです。

ライブ観覧ではなく、テレビ観覧客に対して指摘しています。

視聴者が感じた違和感

ネット上ではこのような違和感の声が上がっています。

テレビ観覧に来ていた客の反応や、R-1のグランプリを決める基準に対して沢山の批判や苦情がネット上に上がっています。

松本人志の意味深なツイート

R-1グランプリ直後、ダウンタウン松本人志もその違和感についてツイッターで意味深にコメントしています。

ツイート内容

こちらがそのツイートです。

1日で経った3月11日の時点で6500件のリツイート、54000件のいいねがついています。

松本がツイートした理由

今回ネットで騒ぎになっている声を見てみると

  • 笑い声の付け足しがあるのではないか
  • 純粋に客の反応がおかしい

という声が多くあげられていました。

 

「笑い声を付け足し」について、松本は以前、「何でお笑い番組は笑い声を足す演出を辞めないのですか?」というフォロワーからの質問にこのように答えています。

視聴者のことを考えての措置であることを伝えつつ、番組制作側への厳しい意見も綴られていますね。

松本は、番組を盛り上げるために「笑いを誘う人」の存在は必要であると考えているので、今回のツイートの奥には純粋に客の反応に対してのツッコミではなく、演出側に対してのメッセージでもあるということが伺えます。

まとめ

今回は、R-1グランプリの客の反応に対して松本人志が意味深なツイートしていた件について調べてみましたが、

  • R-1に出ていたキートンが客の笑いに対して不自然とのツーイートをあげている
  • ネット上でも多数の「違和感」の声が上がっている
  • 松本人志は純粋な客の反応というより、制作側の演出に問題意識を持っている

という点についてまとめてみました。

ありがとうございます

 

コメント