【2019サマソニ】初心者必見の服装や必需品を紹介!あると便利な持ち物一覧も

イベント

こんにちは、モリカナです♪

今年、サマソニに参戦しますがフェスに行く時はどんな服装をしたらいいか、何を持っていったらいいか悩みますよね。

ちなみにサマソニは野外なので単純にファッションというより日焼けや暑さ対策も必要です。

折角の楽しみも熱中症などで倒れてしまっては意味ないですから、しっか暑さ対策をして今年もサマソニを一緒に楽しみましょう!

今回は、

  • 【2019サマソニ大阪】初心者必見の服装で気をつけたいポイント
  • サマソニに持っていきたい必需品はこれ!あると便利な持ち物一覧

という項目でまとめてみました♪

【2019サマソニ】初心者必見の服装で気をつけたいポイント

フェス初心者にとってはどんな服装で参加したらいいか悩みどころ。

SNSを見るとオシャレファッションでフェスを楽しんでいる人も多いいですが、注意しないといけない点も何点か。

ここでは服装に関して押さえておきたいポイントや知らないと危険な点などをまとめて紹介していきます。

日焼けしにくいものを選ぶ

日焼け対策に日焼け止めを塗るのもOKですが、薄手のストールやフード付きタオルなどの羽織れるものがあると便利です!

日焼け止めは何度も塗り直す必要がある点と、塗り残しがあるとおかしな日焼け跡になってしまう可能性も。

羽織があれば直接紫外線を浴びないという点と、ちょっとした日除けにもなるのでオススメです。

ピアスや金物を身に着けない

指輪、ブレスレット、腕時計などは腕を上げた時に人にぶつかる恐れがあるので危険です。

長めのネックレスやピアスも引っかかっると危ないですね!

特にピアスは何かの拍子で引っかかって耳が避けたなんてことになると恐いので出来るだけ付けないことをオススメします。

サンダルよりスニーカー

オシャレでサンダルやブーツなどを履くのも素敵ですが、フェスを前の方で見たい方は出来るだけスニーカーを履いてくることをオススメします。

サンダルの様に肌が露出して居る場合、前に行くと人だかりに揉まれて踏まれる危険性が高いので本気で楽しみたい方はスニーカーがベスト!

ヒールのある靴はもちろん自分自身も危険ですが、人の足を突き刺す恐れがあるので前で参加したい方は周りを配慮した格好で参加しましょう。

女性のお団子やポニーテールは批判を受けやすい

折角のフェスなのでファッションも髪型も楽しみたい!て方も多いですよね!

服装や髪型に関して、「あれはフェスに行く格好ではない」なんてSNSで叩かれているのをたまに見ますが、色んな楽しみ方があるのでオシャレして参加するのもいいんじゃないかなと個人的には感じます。

ただ実際に女性のお団子やポニーテールなどの髪型でステージが見えにくくなると批判する人が中にはいるかもしれません。

それも踏まえて自分のファッションやフェスの楽しみ方を考えると良いですね。

女性は身を守るために露出しすぎない服装を

キャミソールやオフショルなどは夏のファッションとしては可愛いですよね♪

でもフェスは沢山の人が集まるので、自然と隣の人との距離も自然と近くなります。

フェスでの痴漢行為や事件の噂もたまに聞くので、ある意味自分の身は自分で守れる格好をしておくのをオススメします。

サマソニに持っていきたい必需品はこれ!

絶対に必要な持ち物を一覧でまとめてみました。

入場チケット

これがないと始まらない!忘れない様に持参しましょう。

現金

食べ物や飲み物を頼むのに小銭があると便利です。

出し入れすることが多いので、いつも使うお財布とは別にコインケースなど小さめの財布を持ち歩くのがおすすめ。

その際はカード類など無くすと困るものも事前に抜いておきましょう。

 スマホ・ケータイ・モバイルバッテリー

連絡を取ったり、写真やSNS、タイムテーブルを見るのもスマホが必須!

電池の消耗が早いので、モバイルバッテリーも持参しておきましょう。

 

 日焼け止め

長時間太陽を浴びるので、紫外線対策は必須です。

持ち歩いて小まめに塗り直しましょう。

 

水分・塩飴

夏場ただでさえ汗を沢山かきますが、炎天下の屋外はより大量の汗をかくので、小まめに水分をとる必要があります。知らない間に熱中症で倒れるなんてこともあるので、意識的に水分摂取を欠かさない様にしましょう。

同時に塩分も不足しがちなので、塩飴などを舐めて熱中症対策をしっかりしておきましょう!

 

タオル

大量の汗を掻く事が予想されるので、タオルは必需品!

首に巻く用のタオルと汗を服用のタオルとを持参しておくと便利です。

冷却タオルは夏の暑日でもひんやりするのであれば快適♪

 

保険証

不意に体調を悪くして病院なへ、なんてこともあり得るので、保険証かコピーを持参しておくと何かあった時も対応できますね。

Suica・ICOCAなどのICカード

サマソニは都市型フェスなので、公共の交通機関を利用してくる人がほとんどです。

特に帰りは会場にいる人が一同に解散するので、ICカード方は事を持っている方は前もってチャージしておくとスムーズです。

あると便利な持ち物一覧

必須ではないけど、あると便利!あると便利な持ち物を一覧にして紹介していきます。

ペットボトルホルダー

夏の暑い日なので、水分は小まめにとる様にしましょう。

鞄から出し入れするのが面倒なのでペットボトルホルダーで鞄などから下げておくと便利です。

 

上着

暑いからといって、肌を出しっ放しにしていると紫外線を直接浴びることになるので、羽織るものを1枚持って行くことをオススメします。

上着を羽織ると体感としては暑いかもしれませんが、日焼けや熱中症対策に繋がります。

 

レジャーシート

会場後ろで休憩したい際はレジャーシートがあれば便利!

 

絆創膏

怪我をした時に応急処置に持っておきたいグッズ。

 

ウエットティッシュ

食べ物を食べる際や雨の日の泥はねなど、汚れた時にさっと拭き取れるウェットテッシュがあれば便利。

広い会場と人混みの中では手洗い場を探すのも一苦労なので持参する事をオススメします。

 

ハンカチ・ティッシュ

エチケットとして持っておきたいグッズ。

ビニール袋・ジップロック

汚れた衣類や、ゴミなどをさっと入れるビニール袋があれば便利。

また、雨の日は携帯が濡れてしまうのでジプロックに入れて使用すると安心です。

汗拭きシート

汗をかいてベタベタした肌もサラッと吹ける汗拭きシートがあれば快適♪

その際、汗を拭き取った後は日焼け止めも一緒に取れてしまうので、小まめに塗り直しましょう。

 

帽子・サングラス

熱中症や暑さ対策で出来れば持参しておきたいグッズ。

紫外線は白内障や緑内障などの原因にもなるので、曇りや雨の日でも帽子・サングラスは着用しておくのをオススメします。

着替え

暑い日差しにずっと当たっていると大量の汗を掻くので、着替えにTシャツなど1枚あると帰りも快適に。

ウエストポーチ・小さめのリュック

大きいカバンはクロークに預けておきましょう。

会場で大きい荷物はかなり邪魔になるので、小さいバッグかリュック、ウエストポーチがあれば荷物の出し入れも簡単にできて便利です。

ピッタリ身につけるので、防犯にも最適ですね。

 

腕時計

タイムテーブルを見るのに時間がすぐにわかる腕時計があれば便利。

防犯グッズ

暑いと肌の露出が多くなりますが、特に女性は痴漢や不審者から身を守る為に防犯グッズを持参しておく事をオススメします。

催涙グッズや防犯ブザーなどあれば安心♪

 

 

レインコートなどの雨具

フェスでは傘は持込禁止!雨が降りそうな場合はレインコートを持参していきましょう。

 

まとめ

今回は2019サマソニ初心者必見の服装や必需品、あると便利な持ち物一覧ついて紹介させていただきました。

  • 服装については、「日焼けしないものを選ぶ」「ピアスや金物は身につけない」「サンダよりもスニーカーがベスト」「髪型はポニーテール・お団子は批判される可能性も」「女性は身を守るために露出しすぎない」
  • サマソニ絶対に必要な必需品について
  • あると便利な持ち物一覧

について紹介させて頂きました。

 

コメント